Lifestyle Shop Link

1926年に建てられた、北海道の山奥の小学校。

私たちの工場です。限りなくたっぷりの澄んだ空気、鳥や動物たちの声、春に夏に、そして秋に冬に変化しながら姿を現してくれる大雪山。白樺、エゾ松、トド松、イタヤ、ミズナラ、そして草に花たち。えぞしか、きつね、いたちにたぬき、えぞりす、うさぎ、そして、いぬたち。私たちの家具は、ここから生まれます。豪華よりは質素を、装飾的というよりはシンプルに、そしてさらには、ぬくもりを。使い捨てではなく、ずっとずっと使い続けられるように・・・・・。

Shop information

KITANOSUMAI SEKKEISHA

Topics


バーズアイメイプル、ゴットランドシープの家具

バーズアイメイプルはイタヤ楓、ハードメイプルの中にごく稀に発生するもので、木目の中に小鳥の目のような玉粒があることから鳥眼杢(バーズアイ)と呼ばれています。メイプル2000本に1本の割合でしかなく、しかも表面近くの1/5のみでしか採れないため、大変貴重な木材です。なぜこの「バーズアイ」という特殊な模様が生じるのか、これまで多くの研究が為されてきました。寄生性のキノコによるものとか、木が若い頃に受けた傷によ


小山乃文彦・谷口晃啓・鶴見宗次 三人展

「毎日のテーブルを朗らかに包む器たち」12月3日(金)〜12月23日(木)名古屋から車で小一時間ほどの距離にある、やきものの町・常滑。その常滑で作陶されている小山乃文彦さん、谷口晃啓さん、鶴見宗次さんの三人展です。東京をはじめとする各地での個展で活躍されていて、名古屋店でもいくつかの作品を常設しご紹介してきました。「食器棚の奥にひそむ特別な日のためのうつわではなく、毎日の食卓で使うほどに良さを感じ取れる


Y-house オープンハウスを開催しました。 

一宮市に竣工したY邸のオープンハウスをお施主様のご厚意により11月最後の日曜日に行なうことができました。ありがとうございました。将来的に隣家が建てこむ可能性があること、南北に細長い土地であることから、総二階建てのような形、通風と採光に考慮した間取りとなっています。この日はよく晴れていて空気の冷たい冬らしい一日でしたが、どなたもエントランスから入ってこられると一様に室内の暖かさに驚かれていました。Y邸は


「一宮市オープンハウス」のごあんない

一宮市 Y-house「オープンハウス」のごあんない 2010年11月28日(日) 9:00〜15:00木曽川の家が完成しました。細長い敷地の中に切妻の2階建ての家。2階をリビングダイニングにと考えた家は、愛知県では2件目ですが、切妻のごく普通の形は始めての試みです。 周りの風景に溶け込んでひっそりと建っているように、外壁も塗り壁で、土壁のようにと、めずらしく総二階のようになり、大きな床面積の家になりました。3人の子供たちに


Letter from Sweden 17

スウェーデンのエーランド島からみなさまへこんにちは。エーランド島はまっ黄色のまぶしい景色から、寒々とした枝の先にしがみつく葉っぱがかわいい景色に変わりました。耳が凍りそうなほど冷たかったある朝。歩くとサクサクサクサク。必要以上に足踏みしたくなるほどの霜がおりた景色。砂糖漬けのような葉っぱがおいしそうでした・・・続きを読む


Gallery