Lifestyle Shop Link

LSLの過去・現在・未来

LSL発足のきっかけ

ーライフスタイルショップリンク(以下LSL)が出来たきっかけを教えてください。

田村 『センプレ』が創業して10年になりますが、今日集まったメンバーのショップがオープンしたのもちょうどその前後。そしてホームページもつくったはいいけど、見てくれる人がいない、これからどうしたらいいんだろうという状態でした。

佐藤 それで田村さんが「それぞれのショップをインターネットの中でリンクさせて、仮想の商店街をつくろう。そしてそれを発展させていこう」と言って。

田村 最初に考えたのがLSLストリート。加盟ショップはLSLのホームページの中にそれぞれビルを建てて、1階は生活雑貨、2階は家具のようなバーチャルショップにして、ビルの中はそれぞれが改造したりできたらいいと思っていた。

ーそれまで各ショップのつながりはなかったんですか?

田村 個々のつながりは多少あったかもしれませんね。設立した年に立ち上げられたデザイナーズウィークに参加したら、『タイム アンド スタイル』も参加していて、ショップの場所を聞いたら最初うちがオープンする予定のところだったという偶然も。

田中 『プールアニック』はその頃は目黒通りにありました。周辺には家具を扱うショップはうちとほかに2店くらいしかなかったですね。

ーところで、ライフスタイルの定義って何でしょうね?

佐藤 モノそのものではなく、価値観の提案。『ワイス・ワイス』は今年で10歳なんですが、立ち上げの企画書を書いたときには、すでにライフスタイルという言葉を使っていました。

田中 ライフスタイルという言葉自体は前からあったけれど、それが業界として立ち上がって、ライフスタイルショップというカタチになって見えてきたのがちょうど10年位前。

田村 具体的にはソファや照明などの家具を売るだけでなくて、生活や文化を売るというような要素が入ってくる。生活の価値を提供するわけですから。

高田 そこで、各自のホームページを丁寧につくっているライフスタイルショップに声をかけてスタートしました。クオリティを保つためにある程度は選んで。

田村 ショップに独自性があって本当のライフスタイルショップといえるところにこだわって加盟してもらったんです。

ー発足当時、LSLのホームページに掲載されていたのは何店舗ですか?

田村 最初は13、14店ほど。ただ実際には、ホームページはあまり稼働していませんでした。4、5年は最初のままで発展しなくて……。それで仕切り直しして再出発しようと。各ショップが楽天やヤフーに店舗を出し始めた頃ですね。

[1] 2 3 4 NEXT >